馬肉と鹿肉のドライフード CHECKMATE

無添加フードの実態!

 
ドライフードはドッグフードトップ
初めましてドッグフードトップ

初めましてドッグフードトップ

CHECKMATEって何?

チェックメートについて説明します

CHECKMATEの与え方

チェックメートは究極ドライフード!

CHECKMATEの価格

他のドライフードと価格比較します

馬肉・鹿肉について

原料の馬肉と鹿肉は安全な国産品

使用上の注意点とは

他社のドライフードとどう違うの?

全て天然成分を使用

ドッグフードトップは無化学!

ドライフードの添加物

市販のドッグフードは化学物質あり

無添加フードの実態!

反則

本来、人が食べる食品とは食品の原料から作られるべきです。これは犬にも同様のことがいえるのではないでしょうか?

現実、食品と添加物は食品衛生法によって別の物として区別されています。食餌になる犬の餌に保存性や人工的な色や味付けをして製造や加工しているドッグフードを扱っているフードメーカーは、利益や便利性を優先している食品添加物会社なのです。

但し、全ての添加物が悪いといっているのでありません。基準や安全値をクリアした天然の添加物も中にはあります。例えば、自然界に生存している植物や菌、海藻などから抽出した『既存添加物』や『一般飲食添加物』があり多く使用されています。

それに対して危険なのは合成添加物です。その中には、防カビ剤などの石油を利用し合成させた添加物や一見安全かな?と思わせる消費者が騙されやすい合成のビタミンCなどがあります。これらを『指定添加物』と呼んでいます。
商品にビタミンCと記述されていたらそれは酸化防止剤だと思って下さい。

これらが犬の餌としてほとんどのドライフードに含まれているのです。自然界の成分ではない物質があなたのワンちゃんの体内に入り込んだら一体どうなるのか!という化学データーや資料をフードメーカーが持ち合わせていると思いますか?

添加物によってはそれが体内に蓄積され、重大な病気の原因になることさえあるのです。 ではどれだけの種類の合成添加物がドライフードに含まれていると思いますか?

防カビ剤、着色料、保存剤、酸化防止剤、漂白剤、増粘量、安定剤]等など。全部で指定添加物は376種類です。指定添加物名を書かないでビタミンCと書けばメーカーの印象も良くなる、というわけです。

このように本当に無添加フードというのは少ないのが現状です。ドライフードに限らずお求めの際には必ず裏の表示(特に原材料名とその順番)をお確かめ下さい。
そしてこれは何かな?と思ったらその会社に聞いてその内容を書き留めておきましょう。いつか必ず役に立つことがあると思います。


鹿