馬肉と鹿肉のドライフード CHECKMATE

馬肉・鹿肉について

 
ドライフードはドッグフードトップ
初めましてドッグフードトップ

初めましてドッグフードトップ

CHECKMATEって何?

チェックメートについて説明します

CHECKMATEの与え方

チェックメートは究極ドライフード!

CHECKMATEの価格

他のドライフードと価格比較します

馬肉・鹿肉について

原料の馬肉と鹿肉は安全な国産品

使用上の注意点とは

他社のドライフードとどう違うの?

全て天然成分を使用

ドッグフードトップは無化学!

ドライフードの添加物

市販のドッグフードは化学物質あり

無添加フードの実態!

無添加や価格などに騙されてる?

こんなフードにご注意

ドライフードは同じではありません

お客様からある質問

CHECKMATEについて答えますよ

動物アレルギーとは?

アレルギー原因とは何でしょうか?

ビギナー用情報ガイド

CHECKMATEをどのように購入?

お支払い方法について

ドライフードお支払い方法について

馬肉・鹿肉について

エゾ鹿

CHECKMATEには牛肉や豚・鶏・羊などの肉は一切使用していません。それらは肥育するために成長剤や抗生物質、ホルモン剤など使い利益追求の育て方をしているからです。

また豚や鶏は病気になりやすい上に密飼いをしているためストレスが多いと聞いています。
愛犬に与えるという食餌で安全で栄養成分に優れているのは「馬」と「鹿」だと思います。現に犬の祖先たちは走り回っている野生の馬や鹿を襲って食べてきたのです。

馬は元々生産性を上げる目的ではないので牧草地で放牧され十分な運動をしています。更に馬は牛や豚などと違い、体温が5〜6度高いので寄生虫が住みつく心配もありません。
栄養面でも馬肉はビタミンAやE、鉄分、カルシウムといった ビタミンやミネラル分が豊富で脂も牛・豚肉と比べて脂肪分が少なく、特に動物に不可欠な「必須脂肪酸」と呼ばれるリノール酸(オメガ6)・オレイン酸等の不飽和脂肪酸が多く含まれ、αリノレイン酸を吸収するために必要なビタミンEも馬肉には、牛・豚の倍以上も含まれています。

但し、馬肉なら何でもいいという訳ではありません。皆さんが普段居酒屋で食べている馬刺しはほとんどがカナダやアルゼンチン、モンゴルなど海外で肥育させた馬を使用しています。穀物で太らせて体重を増やし、脂身を乗せているので脂臭さの独特の匂いがします。

しかもそれは長期間冷凍船で運ばれてきますので鮮度は落ちています。その人が食べない部位が犬用に使われているのです。

CHECKMATEの馬肉は、前日に屠殺した肉を冷凍しないで翌日9時に加工工場に運び、午前中に全て製品加工するといった鮮度を保っています。同じ馬肉でも同じでないのです。

CHECKMATEはエゾ鹿肉100%

国産馬

鹿肉は別名「もみじ」と呼ばれ、脂肪が少なくとてもヘルシーで健康的な肉です。
豚肉や牛肉に比べカロリーは約3分の1、脂肪分は15分の1程度ととても低いのにCLAをはじめ多価不飽和脂肪酸が含まれペットに与える肉としては馬肉同様大変優れているといえるでしょう。また鹿肉は食物アレルギーの原因になりにくく消化の良いタンパク質です。

本来、狼や野生の犬や猫は鹿や馬などの草食動物やウサギやネズミなどを捕食して生き延びきた動物です。云わば肉食動物なのです。それらは肉や内臓を食べる事によって発酵したものから肉だけでは不足するビタミン・ミネラル類を補給していたのです。

発酵している食物には食物酵素が含まれており、体内で消化を助ける役目をします。 北海道の鹿肉といいますとエキノコックス症の心配される飼い主さんもいらっしゃると思います。野性鹿となりますと余計他の病気や寄生虫なども気にされるかもしれませんね。そもそも鹿エキノコックス症(正式にはエキノコッカス)といいますのはキタキツネやイヌ・ネコ等の糞に混じったエキノコックスの卵を水や食物などからヒトが経口感染することによって起こる人獣共通感染症のことです。

では実際に北海度に生息している鹿がエキノコックスに感染しているかといいますと、答えは現在のところ「NO」です。

万が一、鹿の肝臓に寄生していたとしても、製造上で急速冷凍をしていますので完全に死滅しています。CHECKMATEに使っているエゾ鹿肉は安全ですので安心して愛犬に与えて下さい。

区切り

 

【犬の臭覚】市販のドライフードと食べ比べるとCHECKMATEを先に食べます。あるいはCHECKMATEしか食べません。それは犬には優れた嗅覚があるからです。

実に人間の100万倍の能力もあるといわれ、濃度が100万分の1に薄めたニオイに対してでも嗅ぎ取ることができます。
その秘密は嗅細胞の数が非常に多いということです。人間の約500万個に対してダックスフントで1億200万個、シェパードになると2億2000万個、更にビーグルでは3億個程といわれています。
犬は人に比べてもニオイに依存する度合いが高いのです。ですから犬の鼻っていつも湿っていますよね?
あれは涙腺と外側鼻腺の分泌物によるものですが、体温調節をするため以外にニオイ物質が溶けて吸着しやすくするためです。CHECKMATEを与えてみて下さい。袋を開けた瞬間、ニオイを察知しスッ飛んで来るでしょう。いつまでも皿を舐め回す姿を見て下さい。