馬肉と鹿肉のドライフード CHECKMATE

動物アレルギーとは?

 
ドライフードはドッグフードトップ
初めましてドッグフードトップ

初めましてドッグフードトップ

CHECKMATEって何?

チェックメートについて説明します

CHECKMATEの与え方

チェックメートは究極ドライフード!

CHECKMATEの価格

他のドライフードと価格比較します

馬肉・鹿肉について

原料の馬肉と鹿肉は安全な国産品

使用上の注意点とは

他社のドライフードとどう違うの?

全て天然成分を使用

ドッグフードトップは無化学!

ドライフードの添加物

市販のドッグフードは化学物質あり

無添加フードの実態!

無添加や価格などに騙されてる?

こんなフードにご注意

ドライフードは同じではありません

お客様からある質問

CHECKMATEについて答えますよ

動物アレルギーとは?

痒い

ペットの世界でもアレルギー体質の犬や猫は、めずらしくない時代になってきました。
現に日本の多くのペットたちが、色々なアレルギーで苦しんでいます。アレルギー体質による皮膚疾患、外耳炎、下痢をはじめとする消化器疾患、花粉症などの呼吸器疾患など、症状は様々ですがアレルギー症状のペットが多いのは明らかです。
これらのアレルギー疾患の原因として、生まれつきの体質も勿論ありますが、生活環境や食生活によって引き起こされているものが多くあります。食のアレルギーに関して、そのものが直接目に見えて皮膚疾患などに現れる場合もありますが、蓄積されて引き起こされる場合もあります。

犬における最も一般的なアレルゲンは牛肉、乳製品、豚肉、鶏肉、小麦、とうもろこし、魚、鶏卵、、大豆などです。昔から市販のペットフードは牛肉や鶏肉、小麦で作られてきました。これらから最も一般的なアレルゲンは実は今まで何げなく与えていたドッグフードの一般的な成分だったということがいえます。
ドライフードの多くは小麦などの穀物が主原料となっています。最もアレルギー性の高い原料です。
そして小麦は消化率も低いために腸への負担はかなり大きいはずです。また小麦の最大の欠点は、グルテン含有量の高さでもあります。犬は小麦グルテンを適切に消化するための消化酵素を持っていないからです。犬によっては小麦グルテン(アルブミン、グロブリン、グルテニン)を摂取することによって胃や皮膚にアレルギー反応を起こすこともあります。小麦の摂取によってよく起こる副作用として、皮膚や毛並みが悪くなる、耳感染、肉球を噛むなどの症状があげられています。

犬は小麦以外の穀類などの炭水化物に対しても消化が困難なために、多量の穀類摂取は食物アレルギーを起しやすいといえます。ところが市販されているペットフードのほとんどが複数の穀類原材料を含んでいる上、ドッグフードの中の含有量にもよりますが、それらの穀類含有量(使用量)は原材料中40%から70%含まれていたりします。

除草剤

そして何より使用されている小麦粉のほとんどが汚染された輸入小麦粉なのです。大豆やトウモロコシも同じく輸入されたものが使用されています。これらの危険性について認識されていないようですが多くの農薬が使用されています。ポストハーベスト農薬です。いわゆる収穫後の農産物に使用する殺菌剤、防かび剤などのことをいいます。
遠い外国へ時間をかけて運ばれる輸出農産物は、それらの運送時間が長く掛かるほど、運搬中に発生する害虫やカビによって品質が悪くなって商品価値を下げてしまう危険性を伴うため、それらを防ぐために使われるのがポストハーベスト農薬というわけです。
ポストハーベスト農薬は通常畑で使われる農薬の数百倍も濃い濃度で使われています。これらに使われる農薬の中には、発がん性や催奇形性が疑われる薬剤も存在するといわれています。ですから小麦を筆頭に輸入穀類を原料の大半に使用している市販のドライフードは最も危険なフードといえるでしょう。
そしてこれら市販のドライフードやおやつなどのペットフード全般には着色料、保存料、酸化防止剤のような合成添加物(化学薬品)など使用されており、それら化学薬品はアレルギー疾患に大きな影響を与えていると考えられます。
それらはペットフードの値段や、ブランドに関係がなく、病院処方食や獣医推奨といわれているものであっても危険なフードは多く安心というわけではありません。どんな原材料が使われているのか、主原料は何なのか。そして、その質や添加物の有無についても着目してみましょう。
ペットは自分で自分の食べ物を選ぶことができないので、飼い主がしっかりとした知識と認識をもって選択し与えてあげなければいけません。